千葉県白井市のビオトープ『まどかガーデン』

まどかガーデン全体図

ひよこくらぶのガーデン

5月下旬から6月上旬、未就園児クラス「ひよこくらぶ」の子ども達とご家族の皆さんがまどかガーデンにいらっしゃいました。

子ども達はまどかガーデンで見つかる生きものや葉っぱが書いているペンダントを首から下げて、まどかガーデンの中に出発♪
170612_1.jpg在園児の子ども達に大人気の花「チェリーセージ」の蜜を吸ってみたり
170612_2.jpgふかふかのどろんこ広場でどろあそびをしてみたり
170612_3.jpg花のしおりを作ったり
DSC_0809.jpg池の中の生きものを捕まえたり、ヒキガエルの赤ちゃんを探したり
170612_4.jpgそれぞれ興味を持った遊びを体験してもらい、最後にはお昼ご飯を食べて幼稚園に帰りました。
子ども達の中には、勇気を出してはじめてのことに挑戦した子もたくさんいたようです。

ひよこくらぶはこのあとも楽しい活動をたくさん用意していますので、また元気に幼稚園に来てくださいね。

かなりやぐみの放課後ガーデン

5月24日はかなりやぐみの放課後ガーデン。
放課後ガーデンは、保育後に親子でまどかガーデンでの活動を体験していただくもので、昨年度からはじまりました。

子ども達は降園時間の少し前に幼稚園を出発して、先にガーデンに到着。
これから使うチームの旗作りをしました。
170610 (1).jpgお母さん、お父さんが到着して、担任も合流したら、放課後ガーデンがはじまります。
170610 (10).jpg年長さんはクラスのチームに分かれて、植物さがしのゲームに挑戦してもらいました。
170610 (2).jpg170610 (3).jpgゲームが終わったら、自由遊び。
自由遊びの中では、小枝のメモスタンドを作ったり...
170610 (4).jpg170610 (5).jpg170610 (6).jpg前日にクラスのみんなで準備をした、きせつをたべよう☆のおやつを食べたり...
170610 (7).jpg170610 (8).jpg今回もたくさんのご家族の方がお越しくださいました。
お忙しい中、ありがとうございました!
170610_0.jpg

ガーデンのお手入れ

5月23日、保護者の方がガーデンへお手入れのお手伝いに来てくださいました。

春になり生きものの動きが活発になると、あっという間に植物でいっぱいになるガーデン...
お手入れには草刈り機も使っていますが、畑の中やレンガや木の間は、手作業での草抜きが必要です。
170610_1.jpg強い繁殖力で増え、地域にもともと生息していた在来植物を圧倒している、外来種のナガミヒナゲシのたねの駆除もお手伝いいただきました。
通常は草抜きした植物はガーデンの隅で乾燥させますが、ナガミヒナゲシも一緒に乾燥させてしまうと、たねが散らばって増えていく一方です。
そのため、乾燥させずに処分できるように、たねをひとつひとつ摘み取っていきます。
170610_2.jpg170610_3.jpgお母さん達の力は偉大で、次々とお手入れが進んでいきました。
お手伝いいただいた皆様、本当にありがとうございました。
170610_4.jpg170610_5.jpg終了後には、ガーデンのお隣の農家さんからいただいた「ふき」で作ったきゃらぶきとお茶で休憩。
自然の恵みをありがとうございます。
170610_6.jpg

田んぼの代掻き

5月16日、年長さんが田んぼの代掻きをおこなうためにガーデンに出かけました。

年長さんが取り組むガーデンでのお米作りでは、毎年種もみの発芽を観察するところから、田植えをして、収穫して脱穀・もみすりをして、お米として味わうところまで体験しています。

田植えをおこなうために欠かせない田んぼの準備が、代掻き。
秋に収穫を終えてから春までの間、乾いて休んでいた田んぼに水を入れて、土を細かく柔らかくします。

はだしになったら、田んぼの中に入って足をゆっくり動かします。
最初はごろごろと大きな土の塊がありましたが、少しずつ塊がなくなり、柔らかくなってきました。
170608_代掻き (2).jpg170608_代掻き (3).jpg170608_代掻き (4).jpg90人以上の年長さん全員が入り終わる頃には、土は見違えるように細かく、足に吸い付くような柔らかさに。
最後まで、子ども達はとても頑張りました。
170608_代掻き (1).jpg