千葉県白井市のビオトープ『まどかガーデン』

まどかガーデン全体図

まどかガーデン収穫祭

11月5日、まどかガーデンで収穫祭をおこないました。
お天気は気持ちのいい秋晴れです。

講師はBiotop Guildの代表、ビオトープ管理士の三森典彰さん。
三森さんは生きものの気持ちでまちづくりを考え、首都圏の学校ビオトープの造成や管理・活用をされたり、企業のCSR活動や動植物の自然環境調査をされたりと、多岐にわたるお仕事をされています。
161111_1.jpgそして宮城県からは、雁音農産開発有限会社の社長さんはじめ小野寺さんご家族が来てくださいました。
雁音農産の皆さんは、宮城県で生きもの達との共存を目指した田んぼ作りをされていて、年長さんのお米作りへのご協力から、秋の収穫祭まで、毎年まどか幼稚園にたくさんお力を貸してくださっています。
専門的なゲストの方に何人もお集まりいただき、内容盛りだくさんの収穫祭がスタートしました。
161111_2.jpg田んぼの横では、赤とんぼのお話し。
秋の風物詩の赤とんぼの暮らし、田んぼとのつながりについて、1枚1枚手作りの紙芝居で教えてもらいました。
161111_3.jpg161111_4.jpgDSC_0118.jpg紙芝居のお供には、雁音米のポン菓子のざっくざくクッキー。
小野寺さんから事前に手作りポン菓子を送っていただき、幼稚園でクッキーに変身させました。
161111_5.jpg161111_6.jpgガーデンの真ん中では、お餅つき。
きれいなもち米が焚きあがり、大人も子どもも一緒に頑張って挑戦。
161111_7.jpg161111_8.jpg今年の新米の炊き立ておにぎりと、つきたてのお餅を味わいました。
161111_9.jpgポン菓子を作る準備も着々と進みます。
ドン!というとても大きな音で、香ばしい香りのポン菓子ができあがりました。
161111_10.jpg161111_10 (2).jpgクラフト体験では、お米作りの副産物である稲わらを使って小さな門松や、しめ縄づくりに挑戦してもらいました。
161111_11.jpg161111_12.jpg161111_13.jpg生きもの好きの子ども達は、食べ物やクラフトよりも池の中のヤゴ探しや、バッタやトンボ探し。
161111_14.jpgお昼からは石窯を使ったランチタイム。
芋やピザが焼きあがります。
161111_15.jpg今回もたくさんのご家族にお集まりいただきました。
盛りだくさんの収穫祭でしたが、秋の収穫への喜びと感謝の気持ち、そして大切に育てられたお米のおいしさを感じていただいていれば幸いです。
三森さんはじめBiotop Guildのスタッフの皆様、そして遠くからたくさんの準備をして来てくださった雁音農産の皆様、誠にありがとうございました!

ひばりぐみの放課後ガーデン

10月26日、雨のため延期となってしまっていたひばりぐみの放課後ガーデンをおこないました。

ハロウィンが間近ということで、今回のきせつのおやつの食材はかぼちゃ。
前日にはかぼちゃの下ごしらえと、ハロウィンカップづくりをおこないました。
161109_1.jpg161109_2.jpg161109_3.jpg凝ったつくりのカップでしたが、みんな集中して挑戦。
個性豊かな表情の、すてきなカップができあがりました♪
161109_4.jpg当日は、チームに分かれて生きものさがしゲーム。
香りや触り心地を頼りに葉っぱを探して、見つけたチームから答え合わせをおこないます。
161109_5.jpg161109_6.jpgゲームの後は、自由に遊んだり、クズのツルでリースを作ったり、どんぐりのトトロを作ったり。
161109_7.jpg161109_10.jpgハロウィンカップの中に入った、かぼちゃのけーきを食べたり。
161109_8.jpg年度初めにお知らせした日程ではおこなえませんでしたが、たくさんのご家族が参加してくださいました。
お越しいただいた皆様、ありがとうございました!
161109_9.jpg

お芋ほり

10月18日、19日、24日は、秋に欠かせないイベント、お芋ほり。
お芋ほりの3日間は各日、年少、年中、年長から1クラスずつ出かけていきます。

お芋も入れる袋を握りしめて、いざ畑へ!
子ども達が掘るさつまいもは、昨年からまどかガーデンの隣の畑の農家さんが育ててくださっています。
161031_1.jpg茎が出ている場所を探して、根元の土を掘っていくと・・・
大きなお芋が顔を出しました。
161031_2.jpg一生懸命掘り進んで、やっと穫れたさつまいも。
大事に袋に入れて持ち帰ります。
161031_3.jpgお芋掘りが終わったら、まどかガーデンでお昼ご飯を食べて、しばらく自由遊び。
木の角材でできたトンネルにお芋のツルをかけて秘密基地のようにしたり。
161031_4.jpg161031_5.jpg丈夫なツルを使って綱引きをしたり。
161031_6.jpg161031_7.jpgお芋ほりでもガーデンでも、秋らしい体験をたくさんすることができました♪

卒園児向け観察会

10月22日、まどかガーデンで卒園児向け観察会をおこないました。
講師はビオトープ管理士の三森典彰さん。

集まってくださったのは、8組のご家族。
昨年度卒園したご家族もいれば、ガーデンの造成当初に在園されていたご家族もいらっしゃいます。
161028_1.jpgまずは自然観察を兼ねたネイチャーフォト講座から。
コンパクトカメラや一眼レフ、スマートフォンのカメラなど、ご家族の皆さんそれぞれお持ちのカメラをお持ち寄りいただき、ピントだけではなく構図や雰囲気なども意識した撮影についてレクチャーしてもらいました。
161028_2.jpgそして早速、撮影開始。
植物を撮る方もいれば、遊んでいるお子さんを撮る方も。
真剣に撮影に挑戦する子ども達もいました。
161028_3.jpg最後はお披露目会。
パソコンに取り込んで、どんな写真を撮ったか皆さんでシェアします。
161028_4.jpg普段よく見ていなかったものをじっくり見る機会になったり、日常的なものが印象的に映る面白さがあったり...
あっという間に時間が過ぎました。

続いては管理作業。
ガーデンの低木や生垣を覆うツル植物の「クズ」を取るお手伝いをしていただきました。
161028_5.jpg生垣を這って高く広がっていたツルが、どんどん落ちていきます。
161028_6.jpgたくさんのツルを伸ばす主の根元はとても太く生長していました。
力を合わせて引っ張ってもびくともしません。
161028_7.jpg丈夫なクズのツルを使った綱引きは、子ども達だけでなく大人も混ざって、とても盛り上がりました。
161028_8.jpg最後は石窯を使ってお昼ご飯の時間です。

朝から火を起こして温度を上げた石窯は準備万端。
さつまいもや、ピザ、お肉など、それぞれお持ち寄りいただいたものを石窯で焼いていきます。
161028_9.jpg幼稚園からは、お手入れをしたクズの根からとれる「葛粉」を使った梅葛餅を入れたお吸い物をご用意し、召し上がっていただきました。
161028_10.jpg161028_11.jpgお越しいただいた卒園児の皆様、講師の三森さんはじめスタッフの皆様、誠にありがとうございました!
たのしい時間を過ごさせていただきました♪
また次回も、ご参加いただければ幸いです。