千葉県白井市のビオトープ『まどかガーデン』

まどかガーデン全体図

春の様子

3月から生きもの達はあたたかい日に少しずつ動きはじめ...
4月になるといよいよ春らしくなりました。

ホトケノザや、ハコベ、ブルーベリーの花。
小さな花達を求めてハナバチも飛んでいます。
180406_ (2).jpg180406_ (3).jpg180406_ (4).jpgヨモギの若葉は柔らかくきれいでおいしそう...
この時期に摘んで乾燥させて保存しておくと、草餅やよもぎ茶などをいつでも自家製よもぎで作ることができますね。
指でやさしくこするとさわやかな香りに包まれます。
180406_ (1).jpgヒキガエルの卵は無事に孵化して、小さな池がオタマジャクシだらけ。
一昨年よりも昨年よりも、今年は一番多いのではないかと思います。

1匹のメスが産む卵は一万個を超える時もあるそうですが、その中で1年間無事に生きられるのは数%だけ。
上陸すると人目につかない場所へ移動して単独で暮らすので、こうしてたくさんのヒキガエルを観察できるのは繁殖期の春限定です。
小さなカエルの姿に変わった彼らと出会える日を、楽しみに待とうと思います♪
180406_ (5).jpg

前の記事へ