千葉県白井市のビオトープ『まどかガーデン』

まどかガーデンのこと

木登りをして、虫を探す。季節を肌で感じ、土にふれる。
自分たちで育てた作物の収穫によろこびを感じる。

まどかガーデンは、さまざまな実体験のなかで豊かな感性や情緒が育つきっかけの場を目指しています。

地域の生きものが暮らすビオトープや庭を、ご父母のみなさまや職員が一緒になって楽しみながら作り
その姿を子どもたちにたくさんみてもらうことで、創造の楽しさや喜びも育んでいけたらと願っています。

まどかガーデンが完成したころは、どこで何をして遊べばいいのか見当さえつかずにいた子どもたちも、
いまでは生きものの気配を全身で感じながら、大人が想像もつかない場所で虫を捕まえ、観察するようになりました。

これからも子どもたちやご父母のみなさま、職員が一緒になって、より豊かな庭にしていきたいと考えています。
どうぞよろしくお願いいたします。

まどかガーデンのビオトープについて、こちらもご覧ください。